キャンプ・釣り・アウトドアを楽しむブログ

中四国でアウトドアを楽しんでいます。

釣りキャン、サーフキャンプの楽しい時期になりますね。

9月になり、釣りキャン、サーフキャンプの楽しい時期ですね。

釣りはアオリイカは釣れる時期になるし、サーフィンも秋になり、いい波が立ついい時期になります。

とにかくアウトドアが楽しい時期ですよ。

 

 

サーフィンから釣り、趣味を満喫しました!

井出に波乗りに行きました。

サイズは腰ぐらいで、面もきれいでとっても気持ちよかったです。

サーフパンツでサーフィン楽しみましたが、海水は温いのですが、風が吹くと肌寒いですね。

 

9月からは、タッパなど、スプリング、ロンスプなどはいいですね。

8月も終わりになると、やつがでかくなっており、結構刺されますね。

そう、クラゲです。

基本的に井出の右側で入水しました。左側にもいってみましたが、左側はなんの影響か、面ががたがたで、ダメでしたね。

サーフィンを15時ほどで終了して、となりの青谷にある、夏泊港で釣りをしました。

ルアーでスズキ、エギングでアオリイカを狙いましたが、全然釣れませんでした。釣り場所の勉強をしていかなかったので釣れませんでしたが、次回は釣りたいと思います。

いつも思うのですが、鳥取県テトラポッドででかい。

岡山県にあるテトラボッドと比べると、3~4倍くらいでかいと思います。

でかすぎて、このテトラを渡るのは、いつも恐怖を感じますね。

穴釣りも確かにできるが、テトラの穴もでかいので、気をつけましょう!

この景観がいいんですよね。

鳥取で釣りをすると自然豊かでほんと気持ちがいいですよ。

しかも今回はボウズでしたが、結構釣れますからね。

 

 

子供が大きくなってもキャンプは楽しめる。

子供が中学生や、高校生になったらキャンプはあまり楽しめないかと思っていたのですが、それは単なる思い込みだったようです。

 

 

中学生、高校生になったら、スマホや、友人と遊ぶ事が普段の遊びとなり、親とキャンプにいっても子供たちは、楽しくないのかなぁと思っていましたが、行ってみると、スマホで、焼肉をしている所の写真をスマホで友達に送ってみたり、小川に行って、遊んでみたりと、以外と大きくなってからはそれで楽しめるようで楽しかったようですね。

私も、もう子供たちとそんなに遊んではいないですが、手が離れた分、本を読んだり、お酒をたくさん飲んだりとかなり楽しめましたね。

改めて分かったのが、キャンプ自体が楽しいもので、老若男女問わず楽しめるという事です。

子供が小さい時には小さい時で、大きくなったら大きくなった時で、さらに大きくなったら、その時はその時で、時間がいくら経過しようとも、いつでもキャンプは楽しいのだと今は思いますね。

 

 

 

 

のとろ原キャンプ場

8月にのとろ原キャンプ場にいきました。

こちらが管理棟です。

管理棟では、キャンプ用品のレンタルなどもしており、万が一忘れた場合、こちらで販売、レンタルなどできそうですね。

薪も販売していて、400円で販売していたように思いますね。

直売の野菜を売っていて、ナス、ししとう→100円、うめぼし→200円、アスパラ→100円で販売しており、かなりの激安です。

 

こちらでヒラメ釣りができます。釣った場合、一匹300円で販売しておりました。

こちらではヒラメのつかみ取りができます。コースが結構あって、そのコース内でヒラメを捕まえます。水がとても冷たいので、暑い8月などいいですよ。

真ん中で炊事棟で、右側がログハウスで、左側が東屋だったかと思います。ロッジも場所が少し離れますが、あります。

 

のとろ原のチェックinは14時

     チェックoutは12時です。

設営には、1時間ぐらいかかりましたが、とりあえず形になりました。

その日は雨が19時ぐらいから降る予定だったので、歩いて2分の天空の湯に入りにいきます。

大人700円です。タオルを持ってくるのを忘れたので、200円で購入しました。

夕ご飯は焼肉にしました。

焼き鳥も焼きました。

こちらのキャンプ場では夜はクワガタなどを捕まえる事ができるので、楽しいですよ。

夜は8月でも大体22度ぐらいになって、寝始めた時は、何もかけずに寝てましたが、途中寒くなってきて、寝袋で寝ました。なので、暑い夏でもこちらのキャンプ場は快適ですよ。

 

次の日は、管理棟の向かい側にある、昼食などがとれる場所で、ヒラメバーガー、唐揚げ、おにぎりなど簡単な物を食べて帰りました。

 

子供がある程度大きくなって、楽しめるかなぁと思ったのですが、かなり楽しめました。