中四国キャンプ場紹介

中四国のキャンプ場を紹介していきます。

キャンプ講座

キャンプ初心者の為のキャンプ講座

いついくか?どこにいくか?だれといくか?天気はどんなだ?

 

でキャンプ道具など持っていくものが変わってきます。

f:id:bobcompany:20210626062332j:plain

中蒜山キャンプ場でのキャンプです。7月の真夏のキャンプです。)

 このサイトではキャンプを楽しむ為の道具の紹介や、キャンプ場の紹介などをしていきます。

キャンプで必要な道具

テント

私はコールマンの5人用と2人用のテントを使用しています。初めてならキャンプをする時期にもよりますが、最初雰囲気も味わうならなんでも大丈夫かと思います。

タープ

こちらも私はコールマンのスクリーンタープとヘキサタープを使用してます。最初の頃は、スクリーンタープに憧れていてスクリーンタープを使用していましたが、最近は空間が広い方がいいので、もっぱらヘキサタープです。初めてならなくてもいいかとも思います。ただし真夏のキャンプなら、日陰部分が必要ですので、タープは必須です。

ランタン

ホワイトガソリン式ランタン、ガスボンベ式ランタン電池を使用するLEDらンタンを使用してます。初めてのキャンプならLEDをはじめは買う選択がいいかと思います。なぜなら、LEDならテントの中でも使用できるからです。

寝袋

寝袋は大事です。夏場なら安い寝袋でいいですが、その他の季節なら対応温度の確認と行く場所の温度確認が必要、暑いならそのまま寝る事ができますが、寒いとその温度に合わせた寝袋が必要です。テントは暑いときは暑いですが、寒い時は寝袋次第では寝れないぐらい寒いですからね。

キッチン用具 

炭や焚火を使用して料理をするという選択もありますが、最初はイワタニカセットコンロの購入がいいかと思います。カセットコンロは、とっても便利で、自宅でも使えますので、買って損はありません。コップやお皿などは自宅の物を持っていくのでもいいですし、お勧めは100均でそろえてもいいかと思います。

●その他いろいろあります。

メスティン、飯ごう、ヘッドランプ、机、など無限にキャンプ道具はありますが、少しづつ集めていくのをお勧めします。最初にこれだ!って購入していっても、年月経過すればキャンプのスタイルが変わっていくので、本当に必要なものを集めるのをお勧めします。最初はいると思って購入しても、以外と使わないギアが結構あります。  

f:id:bobcompany:20210626142518j:plain

 (境港公共マリーナでのキャンプ風景です。こちらのキャンプ場は飲食店が近いので、朝ごはん以外は寿司屋に言ったり、海鮮丼を食べたりするので、ご飯等は作らず、寝床として使用しているので、テントのみ設営しました。)

 

中四国キャンプ場紹介

キャンプ場の紹介をしております。

キャンプ場は、山にあったり、海にあったり、金額も無料という所からいいお値段のするキャンプ場までさまざまあります。

f:id:bobcompany:20210626062425j:plain

蒜山三座が見渡せる中蒜山キャンプ場になります。

こちらのキャンプ場は一面芝生で解放感があって気持ちがいいキャンプ場ですよ。